トップページ
 
|| 事業案内 || ふれあい歯科診療所 || 予防歯科センター || お口の健康情報 || 会員歯科医院ご案内
 
 
|| 川西市成人歯科検診 || 猪名川町成人歯科検診 || 学校歯科 || カミングハーモニー || リンク集
|| 川西市妊婦歯科検診(個別) || 猪名川町妊婦歯科検診(個別) || 川西市歯科医師会立訪問歯科センター
 
 
       
  1. お口の症状  
   

妊婦さんのお口の健康 妊娠によるホルモンバランスやつわりによる食生活習慣の変化がお口の中の環境を 悪くし、歯周炎や歯肉炎、むし歯などになりやすくなります。

(1)歯周炎・歯周病
 女性ホルモンの増加などの影響で炎症症状がより強く現れるため、歯ぐきが赤く腫れたり、出血しやすくなります。
また、妊娠中の重度の歯周病は、細菌が胎盤を通して赤ちゃんに影響を与え、低体重児出産の確立が高くなると言われています。
(2)むし歯
 つわりや間食の増加などのためにお口の清掃が不十分になりがちであったり、女性ホルモンの増加によってだ液の量が減り口の中が乾きやすくなることが原因で、むし歯になりやすくなります。

 
       
  2. お口のお手入れ  
     食べたらそのつど歯を磨くことがよいですが、つわりなどで歯磨きができないときには、お口をゆすぐことや下記のことを試してみましょう。  
    お口のお手入れ●比較的気分のよいリラックスタイム(入浴中やテレビを見ている時など)に磨く。
●ヘッドの小さな歯ブラシ、柔らかめの歯ブラシを使う。
●刺激の少ない歯磨き剤に変える(刺激がある場合は、歯磨き剤は使わない)。
 
       
栄養バランスのよい食事を!
       
   

栄養バランスのよい食事を! 赤ちゃんの歯は妊娠中にできます。早いものは妊娠初期から作られ始め、 生えてくる歯が本質的に強いか弱いかは、歯ができあがるまでの食事の内容 が大きく影響します。
 赤ちゃんの丈夫な歯を作るために、カルシウムをしっかりとりましょう。 合わせて、良質のたんぱく質やビタミン類などの歯を育てる栄養素が不足し ないように、主食・主菜・副菜がそろった栄養バランスのよい食事を心がけ ましょう。

 
       
歯をつくる栄養素 はたらき 食品
カルシウム カルシウム歯の石灰化の材料になる 牛乳(乳製品)・小魚・海草・大豆製品・緑黄色野菜
ビタミンD カルシウムの代謝や歯の石灰化を調整する かつお・いわし・マグロ・干し椎茸
たんぱく質 歯の土台の材料になる 魚・肉・卵・大豆製品・牛乳(乳製品)
ビタミンA エナメル質の土台を作る 緑黄色野菜・魚介類
ビタミンC 象牙質の土台を作る 野菜・果物・芋類
リン 歯の石灰化の材料になる
※過剰摂取は、カルシウムの吸収を妨げます
食品全般
※加工食品・インスタント食品のとり過ぎに注意
 
 
 
 
 
 本サイトのご意見、ご感想は川西市歯科医師会までお願いいたします。
 本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
 著作権は川西市歯科医師会またはその情報提供者に属します。
(C) 2004 Kawanishi Dental Association. All rights reserved.