トップページ
 
|| 事業案内 || ふれあい歯科診療所 || 予防歯科センター || お口の健康情報 || 会員歯科医院ご案内
 
 
|| 川西市成人歯科検診 || 猪名川町成人歯科検診 || 学校歯科 || カミングハーモニー || リンク集
|| 猪名川町妊婦歯科検診(個別) || 川西市歯科医師会立訪問歯科センター
 
 
 
お口の健康情報
川西市歯科医師会が皆さんの歯に関するさまざまな役立つ情報を発信
 
お母さん・子供編
■乳歯のむし歯と歯並び
■歯のトラブル増える思春期
■親知らず
■定期的な検診が大切です
■外傷適切な処置
■小児の生活習慣病の予防に幼児期からかむ習慣を
■歯の健康・あいうえお
■与える親側に問題
■軽く時間をかけて歯ブラシの磨き方
■砂糖さんと歯磨きさんのおはなし
■赤ちゃんのむし歯を防ぐために
■過剰摂取は食欲減退
■まずは朝食後に磨こう
■乳歯は生え変わるけれども
■おやつの選択
■妊娠3ヶ月で歯の芽
■六歳臼歯の治療は一日も早く
■親の努力で良い歯に
 
成 人 編
■高齢になっても自分の歯で食べるために
■歯がしみる象牙質知覚過敏症
 
高 齢 者 編

■入れ歯の必要性
■致命傷になる誤嚥性肺炎
■歯の根元に多い高齢者のむし歯
 
食事の後に歯磨きを  歯の健康・あいうえお
あ」さはもちろん昼も夜も歯磨き』
いまだに一部では一日一善的に、日に1回歯を磨けば事足りているという、誤った思い込みが定着しているのは残念です。
できれば食事(間食を含む)のたびに口中を効果的にきれいにする事によって、口腔内の健康環境は確保されます。
自分自身の、また家族の「しつけ」としたいものです。ただし社会現状がそれに対応できていないのは残念です。
例えば、職場や学校に必ず洗口場があれば良いですね。
 
「い」ろは色々、個人差がある
 歯の色調は、人種によって皮膚の色が異なり目や毛の色も違うように、また同じ日本人でも肌の色に個人差があるように、同じ口の中にならんでいる隣の歯でさえ違うものです。「真っ白い歯」という概念で、歯を白くしてほしいと望む人があります。しかし、だれの歯も決して白くはなく、個性的ですし、歯にマニキュア的処置を施すことなどは邪道です。何でも磨けば白くなるとして、歯の表面の一番硬いエナメル質部分を磨耗させてしまっている人も多くいます。もちろん各人の歯質や歯列に合った歯ブラシを選択して、食事の食べかす・歯垢(しこう)を除くために適度に使用することは大切で、歯磨きの目的は、もとよりここにあります。
「う」っかり虫歯にするより、ちゃっかり治療
 虫歯の進行した度合いを、C1からC4まで分類します。学校の歯の検査でご存じのはず。咬合(こうごう)面や奥側の隣り合わせ部分の虫歯は発見しにくいので、知らぬ間にC3くらいにまで進行しているのに驚かされ、そうなれば手遅れということは珍しくありません。学校検診表を受け取った時歯科医院を訪ね初期治療すれば、治療時間も費用も少なく済みます。
 
「え」がおに一杯きれいな歯並び
 歯列不正は容貌(ぼう)・顔貌・咀嚼(そしゃく)機能を害し、咬合負担の不均等から歯周病の一因になったり、口腔清掃が難しいのでむし歯を多くしたり、内向的性格の遠因にもなりかねません。むし歯で早く喪失したり、根が残存したりして、乳歯と永久歯の交換が、具合よくいかなかったりすると、永久歯の乱れの原因になりますので、乳歯を十分管理することです。整った歯並みは、健康の象徴といえます。
「お」母さんは愛児の牙(しが)のガ〜ドマン
 子供に最も接することの多いお母さんの、子供の歯に対する関心の有無いかんが、愛児の歯の生涯の幸、不幸を決定づけます。子供の歯のガ〜ドマンは、私という自負を抱いてください。少しでも歯の異常が見つかれば、歯科医院を訪ねるのは、賢いお母さん、愛情の深いお母さんなのです。
 
 
 
 
 本サイトのご意見、ご感想は川西市歯科医師会までお願いいたします。
 本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
 著作権は川西市歯科医師会またはその情報提供者に属します。
(C) 2004 Kawanishi Dental Association. All rights reserved.