トップページ
 
|| 事業案内 || ふれあい歯科診療所 || 予防歯科センター || お口の健康情報 || 会員歯科医院ご案内
 
 
|| 川西市成人歯科検診 || 猪名川町成人歯科検診 || 学校歯科 || カミングハーモニー || リンク集
|| 猪名川町妊婦歯科検診(個別) || 川西市歯科医師会立訪問歯科センター
 
 
 
お口の健康情報
川西市歯科医師会が皆さんの歯に関するさまざまな役立つ情報を発信
 
お母さん・子供編
■乳歯のむし歯と歯並び
■歯のトラブル増える思春期
■親知らず
■定期的な検診が大切です
■外傷適切な処置
■小児の生活習慣病の予防に幼児期からかむ習慣を
■歯の健康・あいうえお
■与える親側に問題
■軽く時間をかけて歯ブラシの磨き方
■砂糖さんと歯磨きさんのおはなし
■赤ちゃんのむし歯を防ぐために
■過剰摂取は食欲減退
■まずは朝食後に磨こう
■乳歯は生え変わるけれども
■おやつの選択
■妊娠3ヶ月で歯の芽
■六歳臼歯の治療は一日も早く
■親の努力で良い歯に
 
成 人 編
■高齢になっても自分の歯で食べるために
■歯がしみる象牙質知覚過敏症
 
高 齢 者 編

■入れ歯の必要性
■致命傷になる誤嚥性肺炎
■歯の根元に多い高齢者のむし歯
 

入れ歯の必要性


入れ歯イラスト
 一生自分の歯がしっかり残って入ればいいのですが、むし歯や歯周病の程度がひどくなって、やむを得ず歯を抜いたり、歯がグラグラして自然に抜けてしまって不幸にも何本か歯がなくなってしまった時には残念ながら入れ歯のお世話になることになります。


 それでは、もし歯が無くなった所に入れ歯を入れなかったらどうなるのでしょうか?
 まず食物を噛む能力が落ちて胃腸の調子が悪くなるでしょう。又、すき問ができることにより発音がむずかしなり、お喋りがしにくくなるでしょう。
 
残っている歯は抜けた場所に傾いて動いてゆくので歯と歯のすき間が増えて食べ物が挟まり、むし歯や歯周病になり易くなります。
 
入れ歯イラスト 噛み合せがじょじょに悪くなり、顎の関節まで痛めることがあります。
口元にしわができやすく、老けて見えるかもしれません。又、歯が残っている側だけで噛んでいると口元や顔全体がゆがんでくることもあります。
 
ですから抜けたままにしておかずに、なるべく早く入れ歯を入れましょう。
 
入れ歯は自分の歯とちがっで、噛む力が歯茎に加わるので痛い所が出る事が有ります。
その場合は調整しなければいけません。また、定期的な検診と調整が必要です。
 
 
 
 
 本サイトのご意見、ご感想は川西市歯科医師会までお願いいたします。
 本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
 著作権は川西市歯科医師会またはその情報提供者に属します。
(C) 2004 Kawanishi Dental Association. All rights reserved.