トップページ
 
|| 事業案内 || ふれあい歯科診療所 || 予防歯科センター || お口の健康情報 || 会員歯科医院ご案内
 
 
|| 川西市成人歯科検診 || 猪名川町成人歯科検診 || 学校歯科 || カミングハーモニー || リンク集
|| 猪名川町妊婦歯科検診(個別) || 川西市歯科医師会立訪問歯科センター
 
 
 
お口の健康情報
川西市歯科医師会が皆さんの歯に関するさまざまな役立つ情報を発信
 
お母さん・子供編
■乳歯のむし歯と歯並び
■歯のトラブル増える思春期
■親知らず
■定期的な検診が大切です
■外傷適切な処置
■小児の生活習慣病の予防に幼児期からかむ習慣を
■歯の健康・あいうえお
■与える親側に問題
■軽く時間をかけて歯ブラシの磨き方
■砂糖さんと歯磨きさんのおはなし
■赤ちゃんのむし歯を防ぐために
■過剰摂取は食欲減退
■まずは朝食後に磨こう
■乳歯は生え変わるけれども
■おやつの選択
■妊娠3ヶ月で歯の芽
■六歳臼歯の治療は一日も早く
■親の努力で良い歯に
 
成 人 編
■高齢になっても自分の歯で食べるために
■歯がしみる象牙質知覚過敏症
 
高 齢 者 編

■入れ歯の必要性
■致命傷になる誤嚥性肺炎
■歯の根元に多い高齢者のむし歯
 
成長や発育に影響 乳歯は生え変わるけれども
 日本は世界の先進国となりましたが、生活水準が高くなると、むし歯も増えてきます。最近は食生活の変化から、全部歯が生えそろわないうちに多くの幼児がむし歯になってしまってお母さんたちを悩ませます。それはお母さん方の苦労というより、一番の被害者は子供さん自身ということなのです。 そこで、なぜ乳歯が大切なのかを皆さんに認識していただいて、かわいいわが子が将来を苦しまないように努力してやっていただきたいものです。 子供のむし歯が心身に与える悪影響を考えて見ましょう。

〔第1〕 正常な発育を妨げるということ。これはむし歯のために食物をかみくだく力が低下し、食欲も減り、硬いものを食べなくなり、偏食をするようになります。つまりバランスの取れた栄養分の吸収が阻害されて身長や体重にも影響してきます。
〔第2〕 よくかめないことにより、口の周りの筋肉の発育が悪く、またアゴ、顔、骨などの成長にも悪影響を及ぼします。
〔第3〕 むし歯やなくなった歯のために正しい発音ができず、話をすることが苦痛、あるいは人の前で大きな口をあけて笑ったりすることが少なくなり、劣等感を覚えて内向的な性格になることがあります。これは将来その子の性格に影響するとても大切なことです。

〔第4〕乳歯は永久歯の生え替わりに重大な役目をします。むし歯やなくなった歯があると永久歯は正しい位置に生えることができず、八重歯や乱ぐい歯になりやすいのです。これは顔立や永久歯のむし歯や歯周病の原因となり、大人になってから大いに悩むことになるのです。
〔第五〕 乳歯のむし歯が原因で腎(じん)炎、リューマチ熱、心臓疾患など全身的な病気にかかることもあり、特に根元にウミを持っているようなむし歯は気をつけなければなりません。早く歯医者さんに行って適切な処置を受けて下さい。 
乳歯から永久歯への生え変わりは、5歳ぐらいから10〜12歳くらいまで続きますから、その間、食物をかみ栄養を取り、健康な発育をするために乳歯はそのころまで非常に大切な役目をしているわけです。
先に述べたような悪影響があることを念頭において、子供の歯の健康管理を毎日、おろそかにしないで、まず予防に注意し、もしできてしまった虫歯はできるだけ早く歯科医院で治療して下さい。 わが子の健全な成長を願うなら、少しばかり面倒と思っても、以上のことに気をつけて、お口の健康管理をして頂きたいものです。
 
 
 
 
 本サイトのご意見、ご感想は川西市歯科医師会までお願いいたします。
 本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
 著作権は川西市歯科医師会またはその情報提供者に属します。
(C) 2004 Kawanishi Dental Association. All rights reserved.