トップページ
 
|| 事業案内 || ふれあい歯科診療所 || 予防歯科センター || お口の健康情報 || 会員歯科医院ご案内
 
 
|| 川西市成人歯科検診 || 猪名川町成人歯科検診 || 学校歯科 || カミングハーモニー || リンク集
|| 猪名川町妊婦歯科検診(個別) || 川西市歯科医師会立訪問歯科センター
 
 
 
お口の健康情報
川西市歯科医師会が皆さんの歯に関するさまざまな役立つ情報を発信
 
お母さん・子供編
■乳歯のむし歯と歯並び
■歯のトラブル増える思春期
■親知らず
■定期的な検診が大切です
■外傷適切な処置
■小児の生活習慣病の予防に幼児期からかむ習慣を
■歯の健康・あいうえお
■与える親側に問題
■軽く時間をかけて歯ブラシの磨き方
■砂糖さんと歯磨きさんのおはなし
■赤ちゃんのむし歯を防ぐために
■過剰摂取は食欲減退
■まずは朝食後に磨こう
■乳歯は生え変わるけれども
■おやつの選択
■妊娠3ヶ月で歯の芽
■六歳臼歯の治療は一日も早く
■親の努力で良い歯に
 
成 人 編
■高齢になっても自分の歯で食べるために
■歯がしみる象牙質知覚過敏症
 
高 齢 者 編

■入れ歯の必要性
■致命傷になる誤嚥性肺炎
■歯の根元に多い高齢者のむし歯
 
大切なおやつの選択 かむ力をつけさせよう
 
 おやつにはお腹を満たすだけではない何かがあります。そこには夢、お母さんのぬくもり、心の安らぎなど、人はパンのみにて生きるのではないという、そのパン以外の部分と、おやつは深くかかわっているのです。

 子供たちが手づくりのお菓子に魅力を感じないほど、世の中には豪華で、ぜいたくなお菓子が満ちあふれているでしょうが、これは考えものです。あまり甘くて柔らかいお菓子は心や体もむしばむからです。スナック菓子は別としても、今のお菓子が柔らかくなっていることに気づいていない人はおそらくいないでしょう。おせんべいやおこし、ビスケットだって、昔からあったお菓子ですが、それがいつの間にか柔らかくなってしまったのです。同時に硬さが売り物だったスルメや炒豆(いりまめ)などは、子供のおやつから姿を消してしまいました。いま、スルメを知らない子供もいます。子供たちは今、硬い物に接する機会そのものを失いつつあるようです。
 ところでおやつに限らず、食物が柔らかくなると、どうして都合が悪いのでしょう。
ネバネバ、クチャクチャと、くっつく食物が歯にいいはずがありません。
 柔らかすぎる食物の害はそれだけではありません。もっと不都合なことは、子供たちから、かむ機会を奪っているということです。よくかまなければアゴの発育、その周囲の筋肉の発育が悪くなり、歯並びが悪くなったり、あくびをしたり、少し硬い物を食べただけでアゴの関節がおかしくなったりします。将来、体のさまざまな不調和の原因ともなります。食物が柔らかくなって、アゴや骨や筋肉がきゃしゃになったためです。かむことをおろそかにしていると本当にかめなくなってしまいます。
 自然のしっぺ返しとはこういうことではないでしょうか。あり余るお菓子の中で、おやつの選択は難しいことです。むし歯、肥満の心配もさることながら、いろいろな添加物の害も忘れてはなりません。
 そこで手作りおやつへの期待が大きいのです。手作りを通しての親子のコミュニケーションは将来、はかり知れない価値を生み出すのではないでしょうか。
 お菓子がそこにあるから与えるのではなく、子供たちにとって、おやつとは何なのか、もう一度、考えてみたらいかがでしょうか。自然が養い育てる力は目に見えません。しかし、食物の中にその力は命となって育てられているのです。

 現代人は、「手っ取り早くて楽で便利がいいこと」ばかりに走り、機械が作り出す食品添加物だらけの心のこもっていない加工食品をどんどん取り入れています。自然が与えてくれた食物の尊さも、こんな生活からどんどん失われていきます。手抜きとともに、心も身体も自然から遠く離れるのです。
 
 
 
 
 本サイトのご意見、ご感想は川西市歯科医師会までお願いいたします。
 本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
 著作権は川西市歯科医師会またはその情報提供者に属します。
(C) 2004 Kawanishi Dental Association. All rights reserved.