トップページ
 
|| 事業案内 || ふれあい歯科診療所 || 予防歯科センター || お口の健康情報 || 会員歯科医院ご案内
 
 
|| 川西市成人歯科検診 || 猪名川町成人歯科検診 || 学校歯科 || カミングハーモニー || リンク集
|| 猪名川町妊婦歯科検診(個別) || 川西市歯科医師会立訪問歯科センター
 
 
 
お口の健康情報
川西市歯科医師会が皆さんの歯に関するさまざまな役立つ情報を発信
 
お母さん・子供編
■乳歯のむし歯と歯並び
■歯のトラブル増える思春期
■親知らず
■定期的な検診が大切です
■外傷適切な処置
■小児の生活習慣病の予防に幼児期からかむ習慣を
■歯の健康・あいうえお
■与える親側に問題
■軽く時間をかけて歯ブラシの磨き方
■砂糖さんと歯磨きさんのおはなし
■赤ちゃんのむし歯を防ぐために
■過剰摂取は食欲減退
■まずは朝食後に磨こう
■乳歯は生え変わるけれども
■おやつの選択
■妊娠3ヶ月で歯の芽
■六歳臼歯の治療は一日も早く
■親の努力で良い歯に
 
成 人 編
■高齢になっても自分の歯で食べるために
■歯がしみる象牙質知覚過敏症
 
高 齢 者 編

■入れ歯の必要性
■致命傷になる誤嚥性肺炎
■歯の根元に多い高齢者のむし歯
 

普段から歯磨きを丁寧に、知らない間に生えてくる親知らず

親知らず


“親知らず”は、第三大臼歯(一番前の歯から数えて八番目の歯)の俗称で、智歯とも呼ばれて、上下左右で合計四本あり、全ての歯の中でも一番遅く、17歳から30歳ごろの間に生えてきます。
しかし、食生活の変化などから顎(あご)の骨や歯の変化が進み「親知らず」がもともと無い人、埋まったまま生えてこない人も少なくありません。



うまく生えてこないために起こる周囲の歯肉の炎症を智歯周囲炎といいます。

歯肉に赤い腫れと痛みがあり、口が開きにくく、飲み込むときに痛みがあります。また、顎の下のリンパ節が腫れるなどの症状が出ます。
軽い発熱や不快感などの全身症状がありますが、多くの場合は数日で治ります。
ただ、重症になると、扁桃(へんとう)周囲炎や下顎骨骨炎や口底炎などに拡大することもあります。
消炎療法や抗生剤の投与などの治療方法がありますが、局所をできるだけ清潔にすることが大切です。

傾いて生えてきたり、炎症がたびたび再発するようであれば、抜歯しておいたほうが良い場合もあります。

親知らずは、口の中の一番奥にあるので歯磨きしにくく、軽い炎症やむし歯などに気が付きにくい場所にあります。
忘れた頃に生えてきたり突然痛くなったりしますが、奥歯までていねいな歯磨きをしておくことと歯科医院で定期な検診を受けておくと安心です。
正常に生えている親知らず
 
 
 
 本サイトのご意見、ご感想は川西市歯科医師会までお願いいたします。
 本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
 著作権は川西市歯科医師会またはその情報提供者に属します。
(C) 2004 Kawanishi Dental Association. All rights reserved.