トップページ
 
|| 事業案内 || ふれあい歯科診療所 || 予防歯科センター || お口の健康情報 || 会員歯科医院ご案内
 
 
|| 川西市成人歯科検診 || 猪名川町成人歯科検診 || 学校歯科 || カミングハーモニー || リンク集
|| 猪名川町妊婦歯科検診(個別) || 川西市歯科医師会立訪問歯科センター
 
 
 
お口の健康情報
川西市歯科医師会が皆さんの歯に関するさまざまな役立つ情報を発信
 
お母さん・子供編
■乳歯のむし歯と歯並び
■歯のトラブル増える思春期
■親知らず
■定期的な検診が大切です
■外傷適切な処置
■小児の生活習慣病の予防に幼児期からかむ習慣を
■歯の健康・あいうえお
■与える親側に問題
■軽く時間をかけて歯ブラシの磨き方
■砂糖さんと歯磨きさんのおはなし
■赤ちゃんのむし歯を防ぐために
■過剰摂取は食欲減退
■まずは朝食後に磨こう
■乳歯は生え変わるけれども
■おやつの選択
■妊娠3ヶ月で歯の芽
■六歳臼歯の治療は一日も早く
■親の努力で良い歯に
 
成 人 編
■高齢になっても自分の歯で食べるために
■歯がしみる象牙質知覚過敏症
 
高 齢 者 編

■入れ歯の必要性
■致命傷になる誤嚥性肺炎
■歯の根元に多い高齢者のむし歯
 
成人への第一歯 6歳臼歯の治療は一日も早く
 
 新入学児童をお持ちのお母さん、もう”6歳臼(きゅう)歯”のむし歯治療を子供に受けさせましたか。臼歯は、重要な役割を持っていますから早期治療が必要なのです。
 乳歯列最後方に永久歯の第一大臼歯が出てきます。6歳ごろに生えるので”6歳臼歯”と呼ばれます。この歯は成人への第1歯であり、象徴であり、自立への具体的身体変化の始まりです。この第1大臼歯を、形態の上から見ると、人間の歯牙(が)の中で最も大きいのです。大きな歯冠は食物をかみ砕く力持ちであると同時に、太くて根をはった複数の根っこ(上あごは3本、下あごは2本)はかみ砕く力を受け止めるのにふさわしい大きさと形をしているのです。

  また、萌出した場所に止まることにより、永久歯の歯並びをよくし、あごの発育を整える重要な役割があるのです。
 この6歳臼歯より前方にある乳歯10本分のスペースは、永久歯10本が並ぶために必要なスペースに転換され、6歳臼歯の後方には、第2大臼歯が沿って萌出して、その位置に止まります。歯並びをよくするか否かは、この6歳臼歯を傾斜や移動させるか否かによって決定されます。しかし、実際には乳歯のむし歯による前方への傾斜や乳歯の早期喪失による前方への傾斜、移動が多いのです。
 この重要な6歳臼歯も乳歯だと思っているお母さんが多く、むし歯になっても放置されやすいのです。口の中で一番奥にあるために、この年ごろはまだ手が器用に動かせず、歯ブラシが十分届かないのは事実です。この悪環境に加えて、石灰化ができておらず、萌出したばかりのこの永久歯は、形の上でも歯のかむ面の凹凸が強いので、歯垢が付きやすく、むし歯になりやすいのです。
 歯科医は、この第1大臼歯の重要性をよく承知して、治療にあたります。治療は、
【1】萌出したての6歳臼歯は、むし歯から予防するために、石灰化が完成するまでの間(2〜3年間)、かみ合せの面の溝や頬っぺたの面の溝を樹脂(レジン)で封鎖します。
【2】C1、C2になった、歯はできるだけ早く歯髄に病変が至らないまでに充填(アマルガム・レジン・金属)をします。
【3】
歯髄(C3)まで病変ができてしまったのは、もちろん歯髄の処置をしますが、この時期は根尖(せん)部が未完成のため治療の成功率は極めて低い。
【4】C4は残念ながら抜歯する以外に治療法はありません。その結果6歳臼歯をなくしてしまうことになり、後方からはえてくる第2大臼歯が前方に傾斜してしまいます。
新入学児童のお口の管理をお母さん方にもう一度注意していただきたいと思います。
 
 
 
 
 本サイトのご意見、ご感想は川西市歯科医師会までお願いいたします。
 本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
 著作権は川西市歯科医師会またはその情報提供者に属します。
(C) 2004 Kawanishi Dental Association. All rights reserved.