トップページ
 
|| 事業案内 || ふれあい歯科診療所 || 予防歯科センター || お口の健康情報 || 会員歯科医院ご案内
 
 
|| 川西市成人歯科検診 || 猪名川町成人歯科検診 || 学校歯科 || カミングハーモニー || リンク集
|| 猪名川町妊婦歯科検診(個別) || 川西市歯科医師会立訪問歯科センター
 
 
 
お口の健康情報
川西市歯科医師会が皆さんの歯に関するさまざまな役立つ情報を発信
 
お母さん・子供編
■乳歯のむし歯と歯並び
■歯のトラブル増える思春期
■親知らず
■定期的な検診が大切です
■外傷適切な処置
■小児の生活習慣病の予防に幼児期からかむ習慣を
■歯の健康・あいうえお
■与える親側に問題
■軽く時間をかけて歯ブラシの磨き方
■砂糖さんと歯磨きさんのおはなし
■赤ちゃんのむし歯を防ぐために
■過剰摂取は食欲減退
■まずは朝食後に磨こう
■乳歯は生え変わるけれども
■おやつの選択
■妊娠3ヶ月で歯の芽
■六歳臼歯の治療は一日も早く
■親の努力で良い歯に
 
成 人 編
■高齢になっても自分の歯で食べるために
■歯がしみる象牙質知覚過敏症
 
高 齢 者 編

■入れ歯の必要性
■致命傷になる誤嚥性肺炎
■歯の根元に多い高齢者のむし歯
 
与える親側に問題 甘いものを取り過ぎる現代っ子
代の子供たちが、甘いお菓子や缶ジュースを無意識に、摂取している現状の背景には、それらの食品を与える母親に問題があります。だから子供のむし歯ができてくるのです。
 母親が抱えている問題の一つは、子供の健康を守るべき本人が、時代の通念のなかで母親としての本能を失いつつあること。もう一つは子供の命を左右する母親自身としての存在を、あまり認識しなくなっていることが挙げられます。子供に対する食物の対処は、親、特に母親の考え方が変わらない限り効果がないと思われます。

 
間を含めてすべての動物は、本能として親が食べたことのないものは子供に与えない。しかし、時代の文化や価値観に流され、本物の食品を見分ける目を失ってしまった人間は、過去に摂取したことのないほど多量な砂糖を子供に与え、抵抗なく加工食品を受け入れてしまった。従って子供たちは、化学調味料の味を「おふくろの味」と思い、おやつは缶ジュースとクッキーやケーキ、またはスナック菓子が大好きなのです。
 また、子供たちが好んで食べるハム、インスタントラーメンのなかには、10数種類の食品添加物が含まれていたり、練り製品の中には予想外の量の砂糖が使われている物があります。このように、食品のなかには母親が気づかない間に、摂取させられてしまっている砂糖や食品添加物が多くあることも忘れてはなりません。
うして育った子供たちに「甘いものはむし歯になるからやめなさい」と母親がいったところで、子供には納得できないでしょう。
母親の生き方、考え方は子供を全面的に支配している。これは就学前の子供に特にいえることで、「甘いもの」に対する考えもすべて母親の考え通りである。
 
親が「甘いものはむし歯になるからよくない」と思ってはいても、「少しぐらい」と考えているとすれば、子供も全く同様に受け止めている。そしてどの程度ならお母さんは食べてもいいと思っているのかを微妙に読み取り、お母さんが許し得る最大限の量までは、顔色を見ながらも食べてしまう。もし母親が、自分の子供を愛し、健康をかけがえのないものと考えるなら、子供が甘いものを取り過ぎるのは母親にとって、悲しいこととなる。母親が心から悲しいと思うことは、子供も敏感に感じ取るので、むやみに甘いものを欲しがったりはしない。
供は母親が悲しむことは絶対にしないし、母親から見放されることを恐れてもいる。母親が食物、特に甘いものに対してどんな考えをもって生活しているのかは、子供の口の中が如実に語ってくれるのです。
やさしいお母さんがんばってください。私たち歯科医師も応援しますから!!!
 
 
 
 
 本サイトのご意見、ご感想は川西市歯科医師会までお願いいたします。
 本サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
 著作権は川西市歯科医師会またはその情報提供者に属します。
(C) 2004 Kawanishi Dental Association. All rights reserved.